映画に感謝を捧ぐ! 「秘書課(秘)レポート」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はブラッド・アンダーソン監督・出演の

 「秘書課(秘)レポート」に感謝を捧げようと思います。

秘書課(秘)レポート [DVD]
秘書課(秘)レポート [DVD]

 社長秘書「リンダ・マイアーズ」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 DVD感覚とポルノ感覚が絡み合う珍作であります。

 ストーリーを「セックス・シーンの間に挟むCM的存在」

 として扱うという発想と

 清々しいまでの軽量感に溢れた俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「DVD&ブルーレイ・ディスク」が映像作品史に与えた影響の一端と

 効率主義的作劇法&映像技の極限を目指して突き進む

 人々の勇姿を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (内容に対し「過大な期待」をしないように配慮された装飾と

 「企業&ハッピー・エンド信仰」にたいする皮肉に彩られた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「オフィス系ポルノ入門」の一翼を担う存在であると言えるでしょう。

 物語性&シリアス要素を極限まで抑制する精神力と

 「サラリーマンとセックスの組み合わせ」に対するアイデアが荒れ狂う本作と

 生きて映画を観ることのでいる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント