映画に感謝を捧ぐ! 「恐怖の尋問」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はバーナード・ヴォーハウス監督の

 「恐怖の尋問」に感謝を捧げようと思います。

戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157
戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157

 ナチス・ドイツ軍の捕虜に対する尋問術について記録した本作は

 無意識の皮肉に彩られた教材映画であります。

 ナチス・ドイツ軍の尋問に対する警戒を

 促すための存在として生を受けた教材映画が

 連合軍の攻撃目標を知るために奮闘する

 ナチス・ドイツ軍の勇姿を描いた娯楽作品へと

 変異していく光景は

 私に「映像作品」が作り手の意図を超えた方向へ
 
 向かっていく現象と

 教材性と娯楽性の融合がもたらす科学反応の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ナチス・ドイツ軍目線のハッピー・エンドから

 「本来の意図」に向かって急展開する幕切れが

 ある種のブラック・ユーモア性を生み出している点も見逃せません。)

 まさに「尋問術&戦争捕虜講座」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アメリカ軍の教材として作られた存在であるにもかかわらず

 娯楽的魅力とナチス・ドイツ軍の「智将ぶり」が

 光り輝くという怪現象によって

 歴史&戦争に対する「皮肉の刃」を放つ存在となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント