映画に感謝を捧ぐ! 「新・仁義なき戦い 組長の首」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は深作欣二監督の「新・仁義なき戦い 組長の首」に

 感謝を捧げようと思います。

新 仁義なき戦い 組長の首 [DVD]
新 仁義なき戦い 組長の首 [DVD]

 東映が誇る人気シリーズの一つ

 1970年代版「新・仁義なき戦いシリーズ」の2作目となる本作は

 これまでの「仁義なき戦い」とは異なる道へと加速する驚愕作であります。

 実録極道映画としての渋みを段階的にそぎ落とし

 お色気・娯楽的アクション重視の方向へと進んでいく

 ストーリー・演出・キャラクターは

 私に、実話系としての「仁義なき戦い」から解き放たれた

 物語の持つエネルギー&無軌道性と

 多様化したキャスト陣の放つ「闇鍋館」に
  
 驚かされる機会をもたらしました。

 (仁義なき戦い史上希に見る「娯楽的ハッピー・エンド」へと着地した

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに暴力的にしてアトラクション的な

 「博打系立身出世伝」と呼びたくなる一作であると言えるでしょう。

 人生の「博打」と捉え、野望のままに突き進む主人公が

 陰謀渦巻く極道世界を引っかき回す光景が

 これまでとは異なるエネルギーを感じさせる本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント