映画に感謝を捧ぐ! 「ロックアップ(2018年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリク・サラゴザ監督の「ロックアップ(2018年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

ロックアップ [DVD] - スコット・アドキンス
ロックアップ [DVD] - スコット・アドキンス

 宇宙監獄を乗っ取ったテロリスト6人に立ち向かう

 男女4人の運命を描いた本作は

 テロ対策映画史上屈指の「暴力的な知略」に彩られた珍作であります。

 情報過多+どんでん返し主義によるストーリーの混乱を

 SF+刑務所映画的装飾、テロリスト級の凶悪さを持つ主人公

 過剰なまでに武術&残酷趣味的な暴力描写によって

 補うという試みは

 私に「豪腕によって論理をねじ伏せる」作劇法

 アクション要素とSF要素のせめぎ合い

 限定された空間+少数の登場人物で

 スリル&サスペンスを生成する手法の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (様々な問題要素から目を背け

 「目先の勝利&生還」を喜ぼうとする幕切れが

 アメリカ映画的ハッピー・エンドに対する「無意識の皮肉」と

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「武闘派宇宙系SF」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 様々な思わせぶりを多用しつつ

 腕力&凶暴性の赴くままに突き進むストーリー展開の中で
 
 ヒーローと悪漢を「紙一重の存在」として描く大胆さが光る本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント