映画に感謝を捧ぐ! 「パーマネント・バケーション」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジム・ジャームッシュ監督の

 「パーマネント・バケーション」に感謝を捧げようと思います。

パーマネント・バケーション [DVD]
パーマネント・バケーション [DVD]

 NYを流離う男「アロイシュス・パーカーの

 運命を描いた本作は

 陰鬱さと文学性が交錯する道中劇であります。

 純文学小説と日常劇が混ざり合ったかのようなストーリーと

 荒廃した風景が融合する事によって生じる科学反応は

 私に「心の声&会話を重視しつつ、状況設明を抑制する」

 「精神的放浪感を映画的に表現する」手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (西部劇文化と1970年代アメリカ映画的苦悩を

 組み合わせたかのような気配を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性文学系道中劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 娯楽映画的魅力に背を向け、純文学性を追求した映像&物語によって

 「J・ジャームッシュ監督作」の幕開けを告げる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント