映画に感謝を捧ぐ! 「黄金の大地」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はバッド・ベティカー監督の「黄金の大地」に

 感謝を捧げようと思います。

西部劇 パーフェクトコレクション ガンスモーク DVD10枚組 ACC-097
西部劇 パーフェクトコレクション ガンスモーク DVD10枚組 ACC-097

 メキシコ政府軍に金鉱を奪われ、お尋ね者となった男

 「アイリッシュ」の運命を描いた本作は

 軽快にして濃厚な西部劇であります。

 軽量級アメリカ西部劇の王道と

 後年の「イタリア西部劇」に通じる凶暴性&極道性が

 融合したストーリー、アクション・シーン、キャラクター造形は
 
 私に、緩やかさと残酷さが独特のバランスで共存する光景と

 「西部劇+戦争映画型アクション」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも

 戦争の非情さ&甘いロマンスが印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに過激さと手堅さが交錯する「抗争系西部劇」であると言えるでしょう。

 「メキシコ革命」という題材、アイデア性のある暴力&破壊

 犯罪映画的人間模様、見せ場主義を組み合わせることによって
 
 後年の西部劇に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント