映画に感謝を捧ぐ! 「キャンプ・アフガン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はボリス・バヴァル・コーネン監督の

 「キャンプ・アフガン」に感謝を捧げようと思います。

キャンプ・アフガン [DVD]
キャンプ・アフガン [DVD]

 2008年のアフガニスタンに派遣された

 オランダ軍部隊の運命を描いた本作は
 
 娯楽映画的魅力に背を向けて

 「2010年代の戦争」に迫る戦争映画であります。

 時系列操作、戦闘描写&状況設明の抑制

 人間模様重視によって生成された

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に2010年代の国際情勢が生んだ「戦争の複雑怪奇化」を

 映画的に表現する手法と

 単純な状況を複雑に表現する技法を駆使した「社会派的メッセージ」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽的盛り上げを抑制し、奇襲的に幕切れを迎えることによって

 戦争が「ハッピー・エンドと悲劇の二択」を超越した存在であることを

 示した作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「陰鬱&迷宮系戦争映画」の歴史に輝く

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 軽やか&クールでありながらも技巧過多的な映像技&作劇法によって

 「2010年代のアフガニスタン事情」に迫る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント