映画に感謝を捧ぐ! 「魅せられて(1949年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマックス・オフュルス監督の「魅せられて(1949年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

魅せられて [DVD]
魅せられて [DVD]

 リビー・ブロックの小説「Wild Calendar」を

 もとにして作られた本作は
 
 技巧と効率性に彩られた愛憎劇であります。
 
 恋愛劇と異常心理劇を組み合わせたかのような

 ストーリー&演出、キャラクター造形が

 スリリング且つ効率的に進行していく光景は

 私に「ロマンスとサスペンスの近似性」と

 愛情以外の理由による「結婚」がもたらす悲劇を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドと悲劇が静かに絡み合う幕切れを通じて

 運命&愛情の複雑怪奇さを示している点も見逃せません。)

 まさに「異常心理系恋愛悲劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「要所以外は巧みに省略する」作劇術

 「残酷な場面は抽象化しつつ、スリル&サスペンスを保ち続ける」映像技

 「愛と狂気の近似性+富&名誉にこだわる人生に潜む落とし穴」に

 対する警鐘が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント