映画に感謝を捧ぐ! 「激怒(1936年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフリッツ・ラング監督の「激怒(1936年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

激怒 [DVD]
激怒 [DVD]

 恋人に会いに行く途中

 無実の罪で逮捕された男「ジョー・ウィルソン」の

 運命を描いた本作は

 壮絶にして技巧的な巻き込まれ映画であります。

 大衆心理&正義漢に宿る狂気、法律と社会の複雑な関係

 犯罪捜査における情報管理&自制心の重要性をえぐり出すストーリーと

 サスペンス・ホラー・アクションの技法を組み合わせた演出が

 一体となる光景は

 私に「教材性と娯楽性の共同戦線」・「正義と悪の表裏一体性」
 
 「アメリカに対する信頼と疑心の入り交じった思い」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドに属しつつも哀しみ&苦味を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「サスペンス系正義&社会論」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 甘いロマンス&ホームドラマの世界が

 社会に潜む「モンスター」によって破壊されていく姿を

 娯楽映画的サービス精神と社会派的重厚感を両立させながら

 描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント