映画に感謝を捧ぐ! 「ラヴ・パレード」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエルンスト・ルビッチ監督の「ラヴ・パレード」に

 感謝を捧げようと思います。

ラヴ・パレード [DVD]
ラヴ・パレード [DVD]

 ジュール・シャンセル&レオン・ザンロフの戯曲「女王の夫」を

 もとにして作られた本作は

 緩さ&華やかさの中に皮肉を宿すミュージカル映画であります。

 ラブ・コメディの王道、王制への皮肉、男性上位主義の香りが 
  
 入り交じったストーリー

 ミュージカル風味満載の挿入曲&踊り

 舞台劇的魅力に溢れた装飾+俳優&女優陣が

 一体となる光景は

 私に「トーキーとサイレントの中間期」に位置する映画の特性と

 ブラック・ユーモアとロマンティックなユーモア

 スター主義とストーリー主義が織りなす共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (恋愛劇的ハッピー・エンドに属しつつ

 鑑賞者の想像力をかき立てる幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「ミュージカル系王制論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 映画界の過渡期、夫婦漫才&ミュージカルの醍醐味

 美男美女スターの魅力

 人々が王制に対して抱くイメージの一端が

 軽快且つ上品に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント