映画に感謝を捧ぐ! 「ホワイトシャーク」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はホセ・モンテシノス監督の「ホワイトシャーク」に
 
 感謝を捧げようと思います。

ホワイトシャーク [DVD]
ホワイトシャーク [DVD]

 インターネット動画作りを営む

 男女5人の運命を描いた本作は

 サメ映画史上屈指の「苦闘ぶり」を感じさせる作品であります。
 
 スリル&サスペンスを高めづらい状況設定、登場人物の少なさ

 サメの能力的限界を

 「思い出と現状を往復させる」手法で補うという試みは

 私に昨今の「サメの怪獣化」に抗い

 正統派のサメと闘う物語を追求しようという思いと

 予算&人員、空間的制約の中で最善と尽くそうとする

 人々の勇姿に接する機会をもたらしました。

 (「生還への過程」を大胆に省略する豪快さと

 娯楽作品作りのために命を賭ける人々への愛が交錯する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「冒険系サメ映画」の一翼を担う

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 「アサイラム・サメ路線」とは一味違うサメ造形と

 2016年の映画「ロスト・バケーション」の流れを汲みつつ

 物語性強化を図るための映像技&編集技で勝負する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント