映画に感謝を捧ぐ! 「真昼の暴動」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジュールズ・ダッシン監督の「真昼の暴動」に

 感謝を捧げようと思います。

真昼の暴動 [DVD]
真昼の暴動 [DVD]

 囚人「ジョー・コリンズ」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 歴史遺産的価値を持った刑務所映画であります。

 時系列操作、サスペンス映像技法、社会論

 アクション映画的暴力描写を状況に応じて

 使い分けることによって

 冒険活劇、陰謀劇、日常劇の特性を共存させることを可能にした

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「囚人&看守の宿命」を映画的に表現する手法と

 娯楽的スリル&サスペンスとメッセージ性による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (淡々とした雰囲気の中に様々な葛藤を秘めた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「刑務所映画入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 舞台の特性を生かしつつ、スケール感の適性範囲を保ちつつける堅実さと

 説明過多に陥ることなく計画の全容&キャラクターの「背景」を描写する

 作劇力を兼ね備えた物語&映像によって

 後年の刑務所映画&TVドラマを導く存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント