映画に感謝を捧ぐ! 「フランケンシュタインと狼男」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロイ・ウィリアム・ニール監督の

 「フランケンシュタインと狼男」に感謝を捧げようと思います。

フランケンシュタインと狼男 [DVD]
フランケンシュタインと狼男 [DVD]

 「フランケンシュタイン(1931年版)」をもとにして作られた

 人気シリーズの5作目にして 

 「狼男(1941年版)」の後日談となる本作は

 スター主義とストーリー主義が軽やかに絡み合う

 モンスター映画であります。

 「狼男(1941年版)」の世界と

 「フランケンシュタイン」シリーズの世界を

 つなぎ合わせるという発想から

 モンスターの悲哀と見世物的サービス精神を

 兼ね備えたストーリー&演出を生成するという試みは

 私に「アメリカ映画的スター主義」と

 「怪談的作劇法」の融合がもたらす科学反応を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (災害映画とテロ対策映画を組み合わせたかのような
 
 幕切れへと着地する豪快さを持った

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに大胆さと繊細さが共存する

 「狼男+フランケンシュタインシリーズ外伝」であると

 言えるでしょう。

 モンスター映画史を彩る2大スターの共演を前面に出しつつも

 「スターを堪能するための作品」の枠を超えた輝きを放つ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント