映画に感謝を捧ぐ! 「FBI vs ナチス」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドワード・ルドウィク監督の「FBI vs ナチス」に

 感謝を捧げようと思います。

戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157
戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157

 1942年にナチス・ドイツが計画した

 「パストリアス作戦」をもとにして作られた本作は

 実話系戦争映画史上屈指の「効率性」を感じさせる作品であります。

 複雑怪奇な状況に立たされたスパイの葛藤
 
 1940年代前半のドイツ事情、陰謀渦巻く人間模様を詰め込んだ

 ストーリー&演出が

 娯楽的サービス精神を維持しながら軽やかに進行する光景は

 私に「複雑な物語をわかりやすく表現する技法」と

 「娯楽性と宣伝戦術性による共同戦線」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (最後の裏切り者を穏便に葬り

 クール且つ和やかなハッピー・エンドへと導く

 妙技を見せてくれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級教材系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 FBI礼賛+ナチス・ドイツ批判映画の香りに満ちた作品世界の中に

 後年の「スピード」等に通じる要素を宿す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント