映画に感謝を捧ぐ! 「リングに賭けろ!(1953年版)」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はベイジル・ディアデン監督の

 「リングに賭けろ!(1953年版)」に感謝を捧げようと想います。

ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]
ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]

 プロ・ボクサーの世話係を務める男「ダニー」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 躍動感と人情味に溢れたボクシング映画であります。

 短篇集風味溢れる「ボクサー6人の運命」を
 
 効率的且つ技巧的につなぎ合わせる事によって

 生を受けたストーリー&演出が

 軽やかさと渋味を兼ね備えながら進行していく光景は

 私に群像劇における「登場人物の運命を繋ぐ存在」の重要性と

 プロ・スポーツの持つ「娯楽的スケール感」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (プロ・ボクサーの光と闇を静かに写し出す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級群像系ボクシング映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。
 
 「ボクシングの試合会場」という限定された空間の中で

 サクセス・ストーリー、喜劇、極道系サスペンス

 青春&恋愛悲劇が絡み合う姿に驚かされる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント