映画に感謝を捧ぐ! 「エクスタシー・オブ・ザ・デッド(2008年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はミチェル・レイブン監督の

 「エクスタシー・オブ・ザ・デッド(2008年版)」に感謝を捧げようと思います。

エクスタシー・オブ・ザ・デッド [DVD]
エクスタシー・オブ・ザ・デッド [DVD]

 砂漠の街「デザート・シティ」を目指す男女5人の運命を描いた本作は

 吸血鬼系ホラー史上屈指の大珍作であります。

 1996年の映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の

 流れを汲むホラー描写を

 軽量級ポルノ的お色気シーンの合間に挿入するという試みは

 私に「緩やかなポルノと緩やかなホラーの融合」が

 もたらす科学反応の一形態と

 「省力的残酷描写&セックス・シーン」の究極形態を目指して突き進む

 人々の勇姿を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (ゾンビ系ホラー風の邦題によって鑑賞者を幻惑する

 戦術を駆使している点と

 軽量級ホラー的ハッピー・エンド&悲劇を

 交互に見せる幕切れとなっている点も見逃せません。)
 
 まさに「吸血鬼ホラー風ポルノ」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 軽量級ホラー映画の王道に対する「無意識の皮肉」と

 小規模映画会社的ハッタリ精神が静かに荒れ狂う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント