映画に感謝を捧ぐ! 「ストレンジャー・ザン・パラダイス」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジム・ジャームッシュ監督の

 「ストレンジャー・ザン・パラダイス」に感謝を捧げようと思います。

ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]
ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]

 ニューヨークで暮らすハンガリー人「ウィリー」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 クールにして多彩な日常劇であります。

 異文化交流、ロマンス、サスペンスの気配を感じさせつつ

 淡々と進行するストーリー&演出と

 庶民的でありながらも謎めいたキャラクター造形が

 一体となる光景は

 私に「娯楽的になりうる状況を文学的に表現する」技法と

 「死&不幸」に依存しない陰鬱さの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (静かなる意外性&肩すかし性によって

 運命の皮肉を感じさせる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性文学系日常劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 様々な「娯楽性の種子」を宿しながら

 状況説明的表現を極限まで抑制し

 娯楽的盛り上げを拒むかのような映像&ストーリー展開が

 鑑賞者の想像力を刺激し、能動的鑑賞を誘発する本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント