映画に感謝を捧ぐ! 「暗い鏡」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・シオドマク監督の「暗い鏡」に

 感謝を捧げようと思います。

暗い鏡 [DVD]
暗い鏡 [DVD]

 殺人事件の容疑者となった双子姉妹

 「テリー&ルース・コリンズ」と

 二人を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽やかさの中に多彩な技巧を宿すサスペンス映画であります。

 「同じ顔を持った二人の容疑者」

 「精神分析による犯罪捜査」というアイデア

 主演女優O・デ・ハヴィランドの怪演

 映像的インパクトに依存することなく

 スリル&サスペンスを生成しつつ

 「一卵性双生児」という表現困難な状況を

 巧みに写し出す映像技が一体となったストーリー&演出は

 私に、スター主義と物語性の両立

 映画的技術と推理小説的発想の共同戦線

 過激な題材を上品に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (殺人者に対し「恐怖と悲劇性が混ざり合った気配」を感じさせる

 真相→幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「心理戦&交流型サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 犯罪サスペンスの王道に一卵性双生児、精神分析を融合させ

 技巧的且つ効率的に進行させることによって

 後年のサスペンス映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント