映画に感謝を捧ぐ! 「ミミック2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジーン・デ・セゴンザック監督の「ミミック2」に

 感謝を捧げようと思います。

ミミック2 [DVD]
ミミック2 [DVD]

 ドナルド・A・ウォルハイムの小説「擬態」をもとにして作られた

 人気シリーズの2作目となる本作は

 軽量級モンスター映画魂を体現する続編映画であります。

 前作「ミミック」の設定&キャラクターを継承しつつ

 SF的ハッタリを抑制し、モンスターの持ち味、空間限定アクション風味

 ホラー的残酷描写を増幅させる事によって

 生を受けたストーリー&演出は

 私に「モンスターを魅了してしまったヒロイン」と

 彼女に関わった男たちの悲劇と

 「ホラー映画的ビジネス&神話化戦術」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ホラー映画と恋愛悲劇が入り交じったかのような
 
 雰囲気を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに、軽快&見世物的にして皮肉の効いた

 「ミミック第2章」であると言えるでしょう。
 
 昆虫的能力&特徴、モンスター的武力

 野性的な愛情を兼ね備えた存在へと変異した「ユダの血統」と

 知性派から武闘派への転身を遂げたヒロインの勇姿が

 「ミミック」を神話の領域へとを誘う姿に圧倒される本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント