映画に感謝を捧ぐ! 「帰って来た恋人」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はポール・L・スタイン監督の「帰って来た恋人」に

 感謝を捧げようと思います。

戦争映画 パーフェクトコレクション 地獄の戦場 DVD10枚組 ACC-151
戦争映画 パーフェクトコレクション 地獄の戦場 DVD10枚組 ACC-151

 第1次大戦期のイギリスで暮らす

 アメリカ人看護師「ドリス」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は
 
 壮絶なる奇策性&効率主義に彩られた女性映画であります。

 戦争映画と愛憎劇を力業で組み合わせる大胆さと

 見せ場を的確に押さえ、段取りを簡略化して進行する

 堅実さを兼ね備えたストーリー&演出は

 私に「戦争と異性運の悪さが組み合わされる」

 事によって生じる悲劇と

 アメリカ文化とイギリス文化の激突と

 男性流の嫉妬心を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (理不尽な悲劇によって「ハッピー・エンド風決着」に

 導かれるという奇襲的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「戦争入り愛憎劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 戦争がもたらす混乱&男性心理の光と闇に

 翻弄されるヒロインの姿を

 凄まじいほどの軽快さで写し出す事によって

 反戦と異文化&異性間摩擦を兼ね備えた存在となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント