映画に感謝を捧ぐ! 「ラスト・リミットー孤独の反逆者ー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョーイ・ジョンソン監督の

 「ラスト・リミットー孤独の反逆者ー」に感謝を捧げようと思います。

ラスト・リミット 孤独の反逆者 [DVD]
ラスト・リミット 孤独の反逆者 [DVD]

 殺し屋「カーソン」と彼を取り巻く人々の運命を

 描いた本作は

 静かなる狂気を感じさせる殺し屋映画であります。

 細切れ的映像、時系列移動の多用

 娯楽的盛り上げの抑制によって

 段階的にストーリー&演出の複雑怪奇化&緩慢化を

 高めていくという試みは

 私に「殺し屋の精神状態」を映画的に表現する手法

 状況設明台詞によるスケール感増大術

 犯罪組織の「死」に対する認識の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (過剰なまでに変化する戦況によって「どんでん返し主義」に対する

 皮肉を放つかのような幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「迷路系殺し屋映画」の歴史に輝く

 陰鬱なる怪作であると言えるでしょう。

 淡々と進行していく暗殺&復讐計画によって

 極道組織の非情さ、組織犯罪に関わることの危険性

 殺し屋の心情を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント