映画に感謝を捧ぐ! 「鉄の男(1951年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・ペヴニー監督の「鉄の男(1951年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

ボクシング映画 コレクション 栄光のチャンプ 群衆は叫ぶ DVD10枚組 ACC-161
ボクシング映画 コレクション 栄光のチャンプ 群衆は叫ぶ DVD10枚組 ACC-161

 ウィリアム・ライリー・バーネットの小説「Iron Man」を

 もとにして作られた本作は

 効率性と人情味が交錯するボクシング映画であります。

 状況設明台詞と映像技&編集技によって

 効率的に物語を進行させるクールさと

 内なる暴力性と周囲の思惑に導かれ

 ボクサーへの道を歩んだ結果

 「悪玉」にされてしまった男の孤独を

 善悪の二元論に捕らわれることなく見つめる

 人間味が一体となる光景は

 私に「適正な速度&スケール感を保ち続ける娯楽作品の魅力」

 「プロ・スポーツの光と闇」

 「異常心理サスペンス風味とホームドラマ風味の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (栄光よりも愛&誇りを重んじる「ハッピー・エンド」に心打たれる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「異常心理+家族劇系ボクシング映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 ボクシング映画的見せ場主義と文学性、サクセス・ストーリーと哀愁

 サスペンスとロマンスが絶妙のバランスで配合された本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
  

この記事へのコメント