映画に感謝を捧ぐ! 「危険な場所で」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はニコラス・レイ監督の「危険な場所で」に

 感謝を捧げようと思います。

巨匠たちのハリウッド 生誕百周年 ニコラス・レイ傑作選 危険な場所で [DVD]
巨匠たちのハリウッド 生誕百周年 ニコラス・レイ傑作選 危険な場所で [DVD]

 刑事「ジム・ウィルソン」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 苦味とメッセージ性に彩られた刑事映画であります。

 「都会型犯罪との闘い」によって精神を病んだ刑事が

 閉鎖的環境&身体+精神障害に対する無理解が

 もたらした犯罪に遭遇することによって生じる科学反応を

 サスペンス、ロマンス、日常劇風味を融合させながら

 写し出していくストーリー&演出は

 私に、警察官が抱えるストレス要因、異文化交流がもたらす軋轢

 愛&正義漢によって生成される狂気を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (人情劇&恋愛劇風味が異常心理サスペンス風味を凌駕する

 姿に心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性文学系刑事映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 凶悪犯罪と闘う刑事の物語でありながら

 スリル&サスペンスよりも主人公&ヒロインの心情に重きを置いた
 
 映像技&作劇法によって

 娯楽映画の枠を超え、人間心理&文化論の領域に達した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント