映画に感謝を捧ぐ! 「ワイルドクラッシュ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はローウェル・ディーン監督の「ワイルドクラッシュ」に

 感謝を捧げようと思います。

ワイルドクラッシュ [DVD] - レオ・ファファード
ワイルドクラッシュ [DVD] - レオ・ファファード

 荒廃した未来で運び屋を営む兄弟の運命を描いた本作は

 効率的にして多彩なSF映画であります。

 「オープニング映像に状況設明台詞を挿入する手法」

 「西部劇+戦争映画的アクション」・「ホラー的特殊メイク」

 「道中劇+極道映画的人間模様」

 「コミック的キャラクター&メカ造形」が一体となる光景は

 私に、軽量級の枠内に各種娯楽要素を

 詰め込む事によって生じる科学反応と

 SF的作品世界を効率的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「万事解決的ハッピー・エンド」に属しつつ

 感動誘発的な表現&台詞を避けることによって

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「コンビニ系SF映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 様々な娯楽映画要素が一堂に会し

 暇つぶし規模のスリル&サスペンス+スケール感を保ちながら

 猛進していく姿に心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント