映画に感謝を捧ぐ! 「拾った女」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサミュエル・フラー監督の「拾った女」に

 感謝を捧げようと思います。

拾った女 [DVD]
拾った女 [DVD]

 地下鉄で女性の財布を盗んだ男「スキップ・マッコイ」と
 
 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 暇つぶし映画的戦術&技術に彩られた

 巻き込まれ映画であります。

 娯楽映画的見せ場の確保、映像的躍動感の維持
 
 説明台詞によるスケール感増大

 探偵小説的ムードに溢れたキャラクター造形が
 
 一堂に会することによって生じる科学反応は

 私に娯楽作品における「適正なスケール感&スピード感の維持」

 「国際情勢の有効活用」・「アクション&ロマンスの確保」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (事件の鍵となる「フィルム」の詳細を意図的に抽象化する事によって

 クールさとユーモアに溢れた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級お宝争奪系サスペンス」の歴史に輝く

 堅実作であると言えるでしょう。

 娯楽的ハッタリと人情味、アクション技法とサスペンス技法

 政治宣伝風味とアウトロー風味が軽やかに混ざり合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント