映画に感謝を捧ぐ! 「ジュノーと孔雀」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の

 「ジュノーと孔雀」に感謝を捧げようと思います。

ジュノーと孔雀 [DVD]
ジュノーと孔雀 [DVD]

 ショーン・オケーシーの同名戯曲をもとにして作られた本作は

 様々な感情&技術が絡み合う日常劇であります。

 戦争映画風味とホームコメディ風味、映画技法と舞台技法

 愛と欲望、上品さと俗物性が絡み合いながら

 「内戦下のアイルランド」で生きる人々の運命を

 写し出していくストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、ユーモアとシリアスのせめぎ合い、「降って沸いた富」がもたらす悲劇

 複数の娯楽技法が融合することによって生じる

 科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (戦争に対する怒りと神への皮肉が

 静かに絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「娯楽要素融合型日常劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 A・ヒッチコック監督ならではの意地悪さ&マニア気質
 
 アイルランド史&イギリス娯楽文化が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント