映画に感謝を捧ぐ! 「美しき生首の禍」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・グリーン監督の「美しき生首の禍」に

 感謝を捧げようと思います。

美しき生首の禍 [DVD]
美しき生首の禍 [DVD]

 外科医「ビル・コートニー」と婚約者「ジャン」の

 運命を描いた本作は

 様々な思いが交錯する怪奇映画であります。

 科学者的大義名分と狂気、愛と憎しみ

 美男美女とモンスター、見世物的残酷描写と哀愁が

 複雑且つ効率的に絡み合うストーリー&演出は

 私に「ロマンスとサスペンス&ホラーを結ぶ絆」と

 「倫理観&自制心を喪失した正義漢&テクノロジー」がもたらす惨劇の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (モンスター映画的インパクトと愛憎劇的狂気&悲劇性に

 彩られた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「見世物+文学+教訓系怪奇映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 科学&恋人に対する歪んだ純愛、愛と怒りのせめぎ合い

 暇つぶし映画+見世物映画的サービス精神に包まれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント