映画に感謝を捧ぐ! 「U-900」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はスヴェン・ウンダーヴァルト監督の「U-900」に

 感謝を捧げようと思います。

U-900 [DVD]
U-900 [DVD]

 秘宝「キリストの聖杯」を積んだUボート&乗組員たちの
 
 運命を描いた本作は
 
 ドイツ製戦争映画史上屈指の「和やかな珍作」であります。

 「レイダース・失われたアーク」と

 「レッド・オクトーバーを追え!」の流れを汲み

 「Uボート」風の装飾を施しつつ

 冒険活劇+ドタバタ喜劇的な方向へと向かって進行する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「ナチス・ドイツの喜劇的活用法」・「シリアスとユーモアを結ぶ絆」

 「アメリカ文化とドイツ文化の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「サスペンス映画的どんでん返し」をからかいつつ

 力業で歴史との接点を持たせようとする姿に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「喜劇系潜水艦映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 第2次大戦期のドイツを覆う狂気とアメリカ娯楽映画史を組み合わせ

 喜劇的に加工することによって 

 緩やかなスリル&サスペンスと

 ブラック・ユーモア的反戦メッセージに彩られた存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント