映画に感謝を捧ぐ! 「ダンケルク(2017年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はクリストファー・ノーラン監督の

 「ダンケルク(2017年版)」に感謝を捧げようと思います。

ダンケルク [DVD]
ダンケルク [DVD]

 ダンケルクからの撤退を試みる

 イギリス軍兵士達の運命を描いた本作は

 冷徹なるスケール感に彩られた戦争映画であります。

 「イギリス軍目線のダンケルク戦」を様々な角度で描きつつ

 娯楽的高揚感を抑制し、クールに進行する

 ストーリー&演出は

 私に「大作的スケール感と静かなるスリルの共存方法」と

 反戦メッセージに依存することなく「戦争の非情さ」を

 示す手法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (武勇伝的ハッピー・エンドに背を向けて

 渋味の利いた幕切れへと着地している点も見逃せません。)

 まさに「歴史資料風戦争大作」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 アメリカ製戦争大作でありながら

 「(連合軍の撤退戦)を題材にする」・「ヒーロー的主人公を登場させない」

 「戦争における(死の軽さ&個人の小ささ)を前面に出す」

 「ドイツ軍の存在&連合軍礼賛を極限まで抑制する」という

 大胆不敵な賭けに挑んだ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント