映画に感謝を捧ぐ! 「デッドランド(2008年版)

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はゲイリー・ウガレック監督の「デッドランド(2008年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

デッドランド [DVD]
デッドランド [DVD]

 2006年の映画「Deadrands: The Rising」の

 流れを汲む本作は

 ゾンビ系ホラー史上屈指の「複雑怪奇さ」を

 感じさせる作品であります。

 アメリカで「続編映画的存在」をして生を受けながら

 物語性関連性の不在故に

 「単独作」として日本上陸を果たすという数奇な運命

 ゾンビ系ホラーにありがちな状況を網羅しつつ

 省力的&抽象的に進行するストーリー&演出

 既視感満載のキャラクター造形&ゾンビ造形が一体となる光景は

 私に「軽量級ホラー」を世に知らしめるための戦術と

 「優等生思考と倹約&省エネ思考の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (清々しいまでの「悪の勝利」に圧倒される

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ゾンビ映画史入門」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 ホラー映画の量産術、映画界の政府+軍隊&小規模町村に対する認識

 2000年代ゾンビの法則、映画館の秘めたる効能が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント