映画に感謝を捧ぐ! 「拳銃魔」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・H・ルイス監督の「拳銃魔」に
 
 感謝を捧げようと思います。

拳銃魔 [DVD]
拳銃魔 [DVD]

 マッキンレー・カンターの著書「Gun Crazy」を

 もとにして作られた本作は

 躍動感とこだわりに満ちた犯罪映画であります。

 「銃社会」への警鐘と悪女映画&泥棒映画的サービス精神が

 複雑に絡み合うストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「見せたいポイント&伝えたいメッセージ」を

 的確に押さえた映画作りと

 暇つぶし映画性と社会派性による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (銃に魅入られた&犯罪への道を選んだ人間の宿命と

 恋愛悲劇の香りを兼ね備えた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「泥棒系恋愛悲劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 生真面目さと軽やかさ、アクションとロマンス

 欲望&戦闘技術と理性がせめぎ合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント