映画に感謝を捧ぐ! 「牡牛のフェルディナンド」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はディック・リッカード監督の

 「牡牛のフェルディナンド」に感謝を捧げようと思います。

ウォルト・ディズニー 製作 青い自動車 AAM-306 [DVD]
ウォルト・ディズニー 製作 青い自動車 AAM-306 [DVD]

 マンリー・ローフの童話「はなのすきなうし」を

 もとにして作られた本作は

 和やかなブラック・ユーモアに彩られたアニメーション映画であります。

 「闘牛」を皮肉るかのようなストーリーと

 挿絵的ムードと喜劇的アクションを兼ね備えた映像が

 一体となる光景は

 私に「スポーツ系エンターテインメント」の暗部を

 喜劇的に表現する手法と

 善男善女向けサービス精神と意地悪なユーモアによる

 共同戦線の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (圧倒的な穏健さと天然ボケによって

 争いを収め、平和な日々を取り戻す主人公の姿が

 感動的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「反戦系ドタバタ喜劇」史上屈指の
 
 異色作であると言えるでしょう。

 牛と闘牛の関係を通じて

 動物を利用したエンターテインメントに潜む「魔性」を示しつつ

 周囲の空気に流されず、我が道を貫く生き様への賛歌を掲げる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント