映画に感謝を捧ぐ! 「EVIL エヴィル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマリオ・ソレンティ監督の「EVIL エヴィル」に

 感謝を捧げようと思います。
 
EVIL エヴィル [DVD]
EVIL エヴィル [DVD]

 死後の世界を科学的に立証しようとする

 科学者チームの運命を描いた本作は

 力業と情報戦術に彩られたホラー映画であります。

 「1990年代版フラットライナーズ」の流れを汲む状況に

 モンスター映画要素をつなぎ合わせる力業と

 アクション映画的暴力性&見世物的ホラー描写によって

 様々な問題点&謎を隠蔽しつつ

 恐怖&混乱を深めていく情報戦術が一体となった

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「愛情と狂気の近似性」をホラー的に表現する手法と

 「映像的インパクト」によって鑑賞者に謎解きを忘れさせる技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (要となる問題から目を背け「ハッピー・エンド」の装飾を纏うことによって

 「人生の不条理性」をホラー映画的に表現したかのような

 気配を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「科学実験系ホラー」史上屈指の大怪作であると言えるでしょう。

 愛と哀しみによって「マッド・サイエンティスト」と化した男と

 彼に翻弄される人々の悲劇を

 ホラー的出たとこ勝負主義&ハッタリ精神全開で写し出す本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント