映画に感謝を捧ぐ! 「スタアと選手」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロイド・ベーコン監督の「スタアと選手」に

 感謝を捧げようと思います。

ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]
ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]

 ウェートレスからダンサーとなった女性「メイベル・オデル」と

 プロボクサー「ラリー・ケイン」の運命を描いた本作は
 
 能天気&過激な笑いに包まれた恋愛喜劇であります。

 ラブ・コメディの王道、ショー・ビジネスへの皮肉

 ボクシング映画+ミュージカルの技法を力業で組み合わせる事によって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「陽気なユーモアとブラック・ユーモアによる奇妙な共同戦線」と

 「強引な状況設定を躍動感で補う」手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「名声&栄光よりも愛を選ぶ」豪快さと

 ドタバタ喜劇風味が絡み合う幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「恋愛喜劇風ショー・ビジネス講座」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「売名のためにロマンスを偽造する」という過激な発想と

 アメリカ映画的サービス精神が融合する事によって生じる

 科学反応を見せてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント