映画に感謝を捧ぐ! 「クリッター4/ファイナル・ウォーズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルパート・ハーヴェイ監督の
 
 「クリッター4/ファイナル・ウォーズ」に感謝を捧げようと思います。

クリッター4/ファイナル・ウォーズ [DVD]
クリッター4/ファイナル・ウォーズ [DVD]

 1986年の映画「クリッター」をもとにして作られた

 人気シリーズの4作目となる本作は

 堅実さと実験精神がせめぎ合う「クリッター」第4章であります。

 全3作の設定&ストーリー展開を継承しつつ

 1979年の映画「エイリアン」・時間旅行系SF

 スパイ活劇風味を組み合わせる事によって

 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、続編映画でありながら

 前作よりも「物語のスケール感&ユーモア」が縮小する現象と

 「力業で謎を解明する」手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (全3作までの「思わせぶり」を廃し、終幕感を与える幕切れと

 エンドロールの最後を「和やかなユーモア」で締めくくる精神に

 驚かされる作品であるという点も見逃せません。)

 まさに続編映画的サービス精神、節約精神、SF映画的ハッタリが

 複雑に絡み合うシリーズ最終章であると言えるでしょう。

 「宇宙船」と言う舞台の特性を的確に押さえ

 数で勝る人間たちを翻弄する「クリッター」の勇姿

 前作までの謎に対し「答え」をもたらそうとする執念

 「シリーズ化=スケール感増幅」の法則に抗う過激さによって

 「クリッター神話」の終焉を告げた本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント