映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・ハロウィン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンテ・ノバコビッチ監督の「ザ・ハロウィン」に

 感謝を捧げようと思います。

ザ・ハロウィン [DVD] - ディラン・ウォルシュ
ザ・ハロウィン [DVD] - ディラン・ウォルシュ

 お化け屋敷作りを依頼された映画監督「スペンサー・クロウ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 狂気と皮肉に彩られたホラー映画であります。

 作家的&俗物的狂気に取り憑かれた映画監督と

 暴力的狂気に支配された殺人者が

 出会うことによって生じる惨劇を

 アトラクション・ムービー&軽量級ホラーならではの

 見世物的残酷さ&緩やかさで表現する事によって

 ホラー映画界&アトラクションに対する「皮肉」を放つ光景は

 私に「狂気の交わり」がもたらす科学反応と

 緩慢さ、その場しのぎ感、悪食趣味満載の

 ストーリー&演出が「メッセージ」へと変異する現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「アクション映画的ハッピー・エンド」を

 静かに皮肉るかのような幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ブラック・ユーモア系アトラクション・ホラー」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。
 
 他のホラー映画において「欠点」と見なされる部分を積み重ね

 ブラック・ユーモアの領域に到達した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント