映画に感謝を捧ぐ! 「キャンディ・クリニック」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョナサン・モーガン監督の「キャンディ・クリニック」に
 
 感謝を捧げようと思います。

キャンディ・クリニック [DVD]
キャンディ・クリニック [DVD]

 看護師助手「ケリー」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 ハッタリと野性的欲求に彩られたポルノ映画であります。

 各種セックス・シーンの為に医療用語&人間模様を

 挿入するという手法によって生成された
 
 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「病院とポルノを結ぶ絆」と

 「物語の効率化による突っ込み封じ」

 「見せたい部分を最優先した作劇法」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (奇襲的に訪れる幕切れが「舞台芸的ムード」を

 もたらすという怪現象を誘発している点も

 見逃せません。)

 まさに「医療系ポルノ喜劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 安物感、出たとこ勝負感、性衝動の

 赴くままに突き進む事によって

 医療行為と性行為、和やかなユーモアとブラック・ユーモアの

 秘めたる共通項を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント