映画に感謝を捧ぐ! 「アブダクション」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクレイ・スタウブ監督の「アブダクション」に

 感謝を捧げようと思います。

アブダクション [DVD]
アブダクション [DVD]

 母子失踪事件を追うFBI捜査官「フランシス」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 豪快さと倹約精神が絡み合うSF映画であります。

 エイリアン系SF、閉鎖系ホラー、異常心理サスペンスの手法を

 組み合わせる豪快さと

 状況設明台詞と軽量級CG映像を駆使することによって

 空間&人員を節約しつつスリル&サスペンスを

 生成しようとする堅実さを

 兼ね備えたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に1980年代ホラー&米ドラマ「Xファイル」が

 後世に与えた影響の一端と

 各種娯楽特性、残酷描写、見世物的表現法を

 駆使した映画作りの醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (モンスター映画的思わせぶりと宗教要素を

 力業で組み合わせた幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「館系地球侵略SF」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 エイリアン系SFの伝統に即しつつ

 「人質交換要素」を加えることによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント