映画に感謝を捧ぐ! 「幻の女」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・シオドマク監督の「幻の女」に

 感謝を捧げようと思います。

幻の女 [DVD]
幻の女 [DVD]

 ウィリアム・アイリッシュの同名小説をもとにして

 1944年に作られた本作は

 娯楽的加工術&サスペンス系映像技に

 彩られた巻き込まれ映画であります。

 小説版の人間模様等を簡略化し

 謎解きに重点を置く加工術と

 残酷な場面を巧みに抽象化する事によって

 鑑賞者の想像力を刺激しつつ

 娯楽的スリル&サスペンスを高めていく技術力が

 一体となったストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「適正な速度&スケール感」を維持する

 物語&映像の醍醐味と

 「経済力&暴力」を駆使した情報支配の恐怖を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (事件の真相を明確にしつつ

 犯人の真意を鑑賞者の想像にゆだねる

 「決着の付け方」となっている点も見逃せません。)

 まさに「暇つぶし映画的脚色術&映像技入門」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 情緒やロマンスを抑制し

 冤罪の恐怖&犯罪捜査のスリルを追求する精神と

 見世物的残酷描写に依存せず

 映像技&演技によって写し出される狂気に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント