映画に感謝を捧ぐ! 「前科者(1939年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロイド・ベーコン監督の「前科者(1939年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

ギャング映画 コレクション 暗黒街の掟 白熱 DVD10枚組 ACC-167
ギャング映画 コレクション 暗黒街の掟 白熱 DVD10枚組 ACC-167

 刑務所を仮釈放となった男「クリフ・テイラー」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 過激にして堅実な極道映画であります。

 「罪を犯した人間が人生をやり直すことの難しさ」

 「社会に潜む犯罪への落とし穴」を題材とする過激さと

 娯楽映画的アクション・ロマンス・サスペンスを的確に押さえ

 効率主義+スター主義的に進行する堅実さを

 兼ね備えたストーリー&演出は

 私に「活劇性と人情味&社会性の共同戦線」と
 
 「見せるべき&伝える的ポイント」に的を絞った

 映画作りの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇を乗り越え「ハッピー・エンド」に向かって静かに進んでいく

 男女2人に心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「教訓系極道映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 暇つぶし映画技法、社会派的メッセージ性

 極道系俳優陣の魅力が軽快且つクールに絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント