映画に感謝を捧ぐ! 「破局」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・カーティス監督の「破局」に

 感謝を捧げようと思います。

破局 [DVD]
破局 [DVD]

 アーネスト・ヘミングウェイの小説「持つと持たぬと」を

 もとにして1950年に作られた本作は

 渋味の利いたサービス精神に彩られた巻き込まれ映画であります。

 前回の映画化作品「脱出」よりも

 原作に近い形態で進行するストーリー

 娯楽映画的盛り上げ&スピード感を保ちつつも

 文学的ムードを感じさせる演出&説明台詞

 挿絵感満載の俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「小説技法と映画技法の共同戦線」と
 
 「不運&犯罪の連鎖」を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (アメリカ映画的ハッピー・エンドに対する

 静かなる皮肉を感じさせる幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「文学系巻き込まれ映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 家庭人と冒険家気質、自己防衛本能&良心の間で

 揺れ動く主人公

 装飾品の香り漂う悪女系ヒロイン

 活劇性、アイデア性、皮肉が融合した

 アクション・シーンが一体となることによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント