映画に感謝を捧ぐ! 「恐怖の火あぶり」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・エリソン監督の「恐怖の火あぶり」に

 感謝を捧げようと思います。

恐怖の火あぶり [DVD]
恐怖の火あぶり [DVD]

 過去のトラウマと謎の声に翻弄される男「ドニー・コラー」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 陰鬱な暴力性&見世物性に彩られた怪奇映画であります。

 幻聴&幻覚に翻弄されながら

 女性を焼き殺す主人公の苦悩&凶行を

 サスペンスとホラーの技法を使い分けながら

 淡々と描いていくストーリー&演出と

 1970~80年代風味漂うキャラクター造形が一体となる光景は

 私に「虐待」がもたらす間接被害を

 モンスター映画的に表現する手法と 

 ホラー映画的ハッタリ精神の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (新たなる惨劇の前触れを示す幕切れを通じて

 子育てにおいて「冷静さ」を保つことの大切さと

 社会に潜むモンスター生成要素を

 世に示している点も見逃せません。)

 まさに「教育論入り陰性怪奇映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 加害者であると同時に被害者でもある「異常心理殺人犯」の運命を

 1970年代文化と80年代文化

 サスペンス的映像技とホラー的音声&残酷描写+装飾を

 融合させながら写し出していく本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント