映画に感謝を捧ぐ! 「ボルジア家の毒薬」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクリスチャン・ジャック監督の「ボルジア家の毒薬」に

 感謝を捧げようと思います。

ボルジア家の毒薬 [DVD]
ボルジア家の毒薬 [DVD]

 教皇一族「ボルジア家」の歴史をもとにして1953年に作られた本作は

 俗物性と神秘性が交錯する実話系史劇であります。

 暇つぶし映画的アクション&お色気、大作的人員&物量攻勢

 舞台劇的表現法の限りを尽くして

 「ボルジア家」の野望&愛憎渦巻く生き様を描いていく

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「歴史教材性と大衆食堂性による共同戦線」と

 上品さを保ちながら「政治的&性的狂気」を表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (絵画的映像と共にハッピー・エンドと悲劇が静かに絡み合う
 
 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに野性的サービス精神とヨーロッパ映画的渋味&スケール感が

 複雑に絡み合う「ボルジア家入門」であると言えるでしょう。 

 政治的野心と歪んだ愛情の赴くままに

 陰謀&殺戮を繰り広げる暴君と

 彼の思惑と家名に流され続けることによって
 
 「天然悪女」となってしまった女性の運命を

 上品且つ野性的に写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント