映画に感謝を捧ぐ! 「ディレイルド 脱線」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデイル・ファビルガー監督の「ディレイルド 脱線」に

 感謝を捧げようと思います。

ディレイルド 脱線 [DVD]
ディレイルド 脱線 [DVD]

 貸し切り列車によるミステリー・ツアーに参加した

 人々の運命を描いた本作は

 荒々しさと堅実さが絡み合うモンスター映画であります。

 閉鎖系サスペンスから乗り物系災害映画へと転じ
 
 モンスター系ホラーへと急進するストーリー&演出と

 サスペンスとホラーの王道をつなぎ合わせ

 「小説の挿絵」風の装飾を施した

 キャラクター造形が一体となる光景は

 私に「大作風味と暇つぶし映画風味の共同戦線」と

 「複数の娯楽要素をつなぎ合わせつつ

 効率的ストーリー展開を維持する」技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (長年にわたって受け継がれてきた「どんでん返し」の一つを

 優等生的に活用することによって

 ある種の「皮肉」を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ツアー系ホラー」の歴史に輝く大珍作であると言えるでしょう。

 映画の持つ「アトラクション感」と

 過度の意外性狙いが生み出す「混沌」を象徴する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント