映画に感謝を捧ぐ! 「バイドーン 真夜中の来訪者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・ガルバン&セバスチャン・ベイジル監督の
 
 「バイドーン 真夜中の来訪者」に感謝を捧げようと思います。

 怪現象に立ち向かう5人家族の運命を描いた本作は

 省エネ的荒業に彩られたモンスター映画であります。

 「世界の危機を題材にしつつ、室内劇主導で物語を進める」
 
 「多彩な突っ込み所を躍動感&感動誘発表現によって隠蔽する」

 「不気味なまでに抽象的なモンスター造形」が

 融合する事によって生を受けたストーリー&演出は

 私に「暇つぶし映画的ハッタリ+リサイクル戦術」と

 「力業と倹約&省力術の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (M・N・シャマラン的どんでん返しを繰り出しつつ

 さらにどんでん返しを加えるという

 離れ業に挑んだ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性ホームドラマ+戦争映画入りモンスター映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 物理的スケール感を巧みに抑制する節約戦術

 「どんでん返し」によって様々な問題点を正当化する豪快さ

 過去のホラー、SF、サスペンス、西部劇、戦争映画の持ち味を

 再利用するリサイクル精神を兼ね備えた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント