映画に感謝を捧ぐ! 「シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はグレゴリー・ダーク監督の

 「シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ」に感謝を捧げようと思います。

シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ デラックス版 [DVD]
シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ デラックス版 [DVD]

 廃墟となったホテルでの労働奉仕に参加した囚人達の

 運命を描いた本作は

 優等生的でありながらも濃厚な持ち味が光るホラー映画であります。

 館系ホラーの王道、プロレス的肉弾主義

 アトラクション的アイデア性&見世物的残酷描写

 小規模映画的節約志向&効率主義

 宗教映画的装飾が一体となった

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「プロレスラー」の映画的活用法と

 ホラー映画的サービス精神&効率主義の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ホラー映画的宣伝戦術を余すところなく発揮する邦題と

 ハッピー・エンドの爽快感よりも

 ブラック・ユーモア性を重んじた幕切れと
 
 なっている点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型武闘派ホラー」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 ホラー映画にありがちな状況を網羅した作品世界の中で

 主演男優ケインの豪腕&顔力を生かしたモンスター造形と

 「ホテル」という舞台の特性を生かした仕掛けが光る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント