映画に感謝を捧ぐ! 「インベーダー侵略 ゾンビ襲来」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドワード・L・カーン監督の

 「インベーダー侵略 ゾンビ襲来」に感謝を捧げようと思います。

インベーダー侵略 ゾンビ襲来 [DVD]
インベーダー侵略 ゾンビ襲来 [DVD]

 姿を隠し、死体を操るエイリアンに立ち向かう

 人々の運命を描いた本作は

 実験精神と技巧に溢れたSF映画であります。

 災害映画、超能力系SF、ゾンビ系ホラーを

 融合させた技術で地球侵略を企むエイリアンとの戦いを

 災害映画の法則、特撮、状況設明台詞の

 限りを尽くして描いていくストーリー&演出は

 私に、SF要素とホラー要素を組み合わせる事によって

 生じる科学反応と

 効率性と娯楽的見せ場作りの共存を図る試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (過剰なまでに迅速な解決→反戦メッセージの奇襲攻撃に

 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「娯楽要素融合型地球侵略SF」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 同年のSF映画「プラン9・フロム・アウタースペース」の

 物語・映像・俳優&女優陣を強化したかのような空気感と

 1950年代の映画事情を感じさせる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント