映画に感謝を捧ぐ! 「ラストヒットマン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクリストファー・ウォーレ・スメッツ監督の

 「ラストヒットマン」に感謝を捧げようと思います。

ラストヒットマン [DVD]
ラストヒットマン [DVD]

 殺し屋「ハリー」と一人娘「ラクエル」の

 運命を描いた本作は

 静かなるスリル&サスペンスと哀愁が絡み合う

 殺し屋映画であります。

 巻き込まれサスペンスと難病映画を

 つなぎ合わせたかのようなストーリー&キャラクター造形と

 暴力的でありながらも淡々としたアクション・シーンが

 融合することによって生じる科学反応は

 私に「極道風味とホームドラマ風味による共同戦線」と

 殺し屋の宿命を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的ハッピー・エンドと
 
 難病映画的バッド・エンドが静かに絡み合う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰謀劇+家族劇系殺し屋映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 殺し屋映画、難病映画、家族劇の王道が

 激しくもクールにせめぎ合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント