映画に感謝を捧ぐ! 「テキサスの恐怖」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はR・N・ブラッドベリ監督の「テキサスの恐怖」に

 感謝を捧げようと想います。

テキサスの恐怖/ペコスの黒騎手
テキサスの恐怖/ペコスの黒騎手

 保安官「ジョン・ヒギンズ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽やかさの中に教材性を宿す西部劇であります。

 「巻き込まれ西部劇」の流れを汲みつつ

 科学捜査の未発達、情報不足、先入観が

 もたらす悲劇を写し出していくストーリー&演出は

 私に「悪と闘う」人生によって生成されるリスクと

 表面的イメージに囚われることなく事実を追うことの難しさを

 西部劇的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (万事解決のハッピー・エンドに属しつつ

 ロマンスよりもコメディを重んじた幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「西部劇型犯罪捜査論」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 主演男優J・ウェインの魅力、先住民への配慮

 西部劇的サービス精神、犯罪捜査の心得が絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント