映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・トランスフォーム 地球外機械生命体」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェームズ&ジョン・コンデリク監督の

 「ザ・トランスフォーム 地球外機械生命体」に感謝を捧げようと思います。

ザ・トランスフォーム [DVD]
ザ・トランスフォーム [DVD]

 人型ロボット「ホーネット」と彼?を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 戦術的にして奇想天外な疑似実録映画であります。

 便乗商品映画界の雄「アサイラム」ならではの

 ビジネス&リサイクル戦術を駆使して
 
 ロボット系SF、地球侵略SF、ゾンビ系ホラー

 記録映像を継ぎ接ぎすることによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「トランスフォーマー」シリーズが

 映画界に与えた影響と

 小規模映画会社による生き残り戦術の一端と

 方向性の異なる要素を力業で組み合わせる技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (「アクション・コメディ風決着」の後に

 「フィクション」であることを白日の下にさらす

 エンドロールを繰り出すことによって

 アサイラム型ブラック・ユーモアの香りを放っている点も見逃せません。)
 
 まさに「便乗商品型SF」の雄と呼ぶにふさわしい

 大珍作であると言えるでしょう。

 アサイラム的サービス精神&映像技術の粋を結集し

 「複数のカメラ目線を渡り歩く手法」を勢い任せに繰り出す事によって

 生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント